Connect with us

クランチベース

ブリーフィング:DICEが1億2200万ドルを獲得、Frontifyが5000万ドルを調達など

Crunchbase Newsのニュースのトップピックは、VCとスタートアップの世界で最新の状態を保ちます。…

Published

on

スタートアップとベンチャーのニュースで今日知っておくべきことは次のとおりです。CrunchbaseNewsのスタッフが一日中更新して、最新情報を入手します。

購読する クランチベースデイリー

チケットプラットフォームDICEがソフトバンク主導のラウンドで1億2200万ドルを獲得

ロンドンを拠点とする サイコロ、コンサートやイベントのチケットプラットフォームは、新しい投資家が主導するシリーズCラウンドで1億2200万ドルを調達しました ソフトバンクビジョンファンド 2.

2014年に設立されたDICEは、世界中の3,600以上の会場、フェスティバル、プロモーターと協力しています。物理的なイベントに加えて、昨年のパンデミックの開始時に、同社はチケット付きのライブストリーミングの提供を開始しました。

— Joanna Glasner

Frontifyはブランドのために5000万ドルを獲得

フロント化、企業がブランドを管理するためのプラットフォームを運営するスイスのソフトウェア会社は、 レバイア。 2013年に設立されたFrontifyは、Crunchbaseのデータによると、これまでに8000万ドルを超える既知の資金を調達してきました。

— Joanna Glasner

Healthtech

iFitが64億ドルのIPO評価を目撃:ユタ州ローガンを拠点とするコネクテッドフィットネス機器およびサブスクリプションクラスプロバイダー それであれば は、新規株式公開で最大6億ドルを調達することを目指しており、提案されている株価範囲は18ドルから21ドルです。その範囲の中間点で、iFitの評価額は約64億ドルになると報告されています。

— Joanna Glasner

図: ドム・グズマン

Crunchbase Dailyで、最近の資金調達ラウンドや買収などの最新情報を入手してください。

Source: https://news.crunchbase.com/news/briefing-9-27-21/

クランチベース

今週の10の最大の資金調達ラウンド:暗号コングロマリットが先導し、自動運転車のスタートアップNuroがビッグラウンドを復活させる

今週は10億ドルのラウンドはありませんでしたが、投資家が暗号市場、自動運転車、新しいクリーンエネルギー生産に引き続き惹かれていたため、米国を拠点とする新興企業は5億ドルを超える3ラウンドを調達することができました。…

Published

on

これは、米国でのその週の上位10の資金調達ラウンドを実行する毎週の機能です。先週のエントリを確認してください。 ここ.

番号 10億ドルラウンド 今週、しかし米国を拠点とする新興企業は、投資家が自動運転車、新しいクリーンエネルギー生産、フィンテックに引き続き惹かれていたため、5億ドル以上のラウンドを何とか調達しました。

購読する クランチベースデイリー

1. ヌロ、6億ドル、自動運転車:カリフォルニア州マウンテンビューを拠点とする自動運転車のスタートアップNuroは、以下を含む投資家から6億ドルのシリーズDを調達しました。 グーグルタイガーグローバルマネジメント。新しい資金調達ラウンドにより、Nuroの評価額は最大86億ドルになります。 TechCrunchが報告した。 Nuroは、荷物を輸送するための電気自動運転車のフリートを設計しています。 Googleからの投資は、Google Cloudとのパートナーシップが含まれているため、注目に値します。これは、フリートの展開を検討する上で重要なことです。 Crunchbaseのデータによると、2016年に設立された同社は、現在20億ドル以上を調達しています。

2. ヘリオン エネルギー、5億ドル、エネルギー:ワシントン州エベレットを拠点とするHelion Energyは、シリーズEの資金調達ラウンドで5億ドルを調達しました。 サム・アルトマン。核融合エネルギーの新興企業は、この現金を使って、ヘリオンの第7世代核融合発電機であるポラリスの建設を完了します。エネルギー会社は、ゼロカーボンフットプリントで低コストの24時間発電を生産することを目指しています。この資金には、パフォーマンスのマイルストーンの達成に関連する追加の17億ドルの機会が含まれています。

3. HoneyBook、2億5000万ドル、フィンテック:フリーランス市場は拡大を続けており、サンフランシスコを拠点とするHoneyBookは、 タイガーグローバルマネジメント その中の人々が彼らの仕事をより良く管理するのを助けるために。同社のプラットフォームは、フリーランサーと独立した事業主の両方が、最初のやり取りから請求や支払いまで、顧客を管理するのに役立ちます。 2013年の設立以来、同社は Crunchbaseのデータによると4億9800万ドル.

4. 宝物データ、2億3400万ドル、データ分析:企業は、より良いデジタル顧客体験を推進するために得ることができるあらゆる利点を探しています。カリフォルニア州マウンテンビューを拠点とする顧客データプラットフォームTreasureDataは、 ソフトバンク まさにその約束で。同社のプラットフォームは、プライバシーを保護しながら、可能な限り最高のエクスペリエンスを推進するために顧客データを活用しています。

5. エバーロー、2億200万ドル、法務技術:カリフォルニア州オークランドを拠点とする訴訟プラットフォームEverlawは、 TPGの成長 20億ドルの評価で。 Everlawは、2020年3月の6,200万ドルのシリーズC以来、プラットフォームでの総件数を2倍以上監視しています。 今年の投資家からの関心の高まり COVID-19のパンデミックにより、より多くの企業がクラウドネイティブテクノロジーを採用することを余儀なくされました。 Crunchbaseのデータによると、2010年に設立された同社は、これまでに3億ドル弱しか調達していません。

6. 私が働くとき、2億ドル、生産性ツール:ミネアポリスを拠点とするWhen I Workは、時間給労働者とその雇用者が仕事のスケジュールを共有、計画、追跡するためのプラットフォームのプロバイダーであり、 ベインキャピタル。 2010年に設立された同社は、以前に少なくとも2,400万ドルの既知の資金を調達し、現在は利益を上げています。

7. プレートIQ、1億6000万ドル、フィンテック:サンフランシスコを拠点とするレストランおよびホスピタリティ決済プラットフォームPlateIQは、1億6000万ドルのシリーズBを調達しました。

8対10。サンフランシスコを拠点とするフィンテックプラットフォームとして、今週の最後の3つのスポットで4つのタイがあります。 チッパーキャッシュ、サンディエゴベースのホスピタリティプラットフォーム クラウドベッド、ロサンゼルスベースのビデオゲームエンジン 神話ゲーム、およびマイアミベースのシニアアシスタンスプラットフォーム パパ すべてが1億5000万ドルを調達しました。

大規模なグローバル取引

米国を拠点とするスタートアップが先週最大のラウンドを支配し、上位6位を獲得しました。しかし、中国を拠点とする2つのスタートアップは、大きな資金調達ラウンドを見ました。

  • 自動運転スタートアップ モメンタ 2億ドルのラウンドを終了しました。
  • 無糖で低カロリーの飲料マーカー 元気森林 また、2億ドルのベンチャーラウンドを終了しました。

方法論

10月30日から11月5日までの7日間に米国を拠点とする企業が提起したCrunchbaseデータベースの最大のラウンドを追跡しました。発表されたラウンドのほとんどはデータベースに表示されますが、次のようにわずかなタイムラグが発生する可能性があります。一部のラウンドは週の後半に報告されます。

注:このストーリーは、ニューヨークを拠点とするDigital Currency Groupの7億ドルの取引が二次的な提供であり、新しい資金調達ではなかったことを反映するように改訂されました。

図: ドム・グズマン

Crunchbase Dailyで、最近の資金調達ラウンドや買収などの最新情報を入手してください。

Source: https://news.crunchbase.com/news/biggest-vc-startup-funding-deals-digital-currency-group-nuro/

Continue Reading

クランチベース

ブリーフィング:Hailoが1億3600万ドルのシリーズCを上陸、SupportLogicが5000万ドルのシリーズBを閉鎖など

Crunchbase Newsのニュースのトップピックは、VCとスタートアップの世界で最新の状態を保ちます。…

Published

on

スタートアップとベンチャーのニュースで今日知っておくべきことは次のとおりです。CrunchbaseNewsのスタッフが一日中更新して、最新情報を入手します。

購読する クランチベースデイリー

HailoはAIチップのために1億3600万ドルを上陸

テルアビブベース ハイロエッジデバイス用のAIアクセラレータチップを開発している新興企業は、シリーズCの資金調達ラウンドで1億3600万ドルを調達したと発表しました。 ポアリム と起業家 ギル・アグモン。このラウンドにより、Hailoの総資金は2億2400万ドルになります。

— Joanna Glasner

SupportLogicは5000万ドルのシリーズBを調達します

サンノゼベース SupportLogic 主導の5000万ドルのシリーズB資金調達ラウンドを終了しました WestBridge Capital Partnersゼネラルカタリスト。既存の投資家 シエラベンチャーズ エマージェントベンチャーズ ラウンドにも参加しました。

SupportLogicのAIベースのプラットフォームにより、企業は顧客とのコミュニケーションにリアルタイムで対応して、より優れた顧客サービスとサポートを提供できます。

Crunchbaseのデータによると、2016年に設立された同社は、これまでに約6,200万ドルを調達しました。

—クリス・メティンコ

SaaS

GitLabがIPO範囲を拡大:サンフランシスコを拠点 GitLabプログラマー向けの開発およびコラボレーションツールのプロバイダーである、は、次のIPOの提案された株価範囲を引き上げました。同社は現在、以前の55ドルから60ドルの範囲から、66ドルから69ドルの価格範囲で1,040万株を提供することにより、約7億ドルを調達することを計画しています。

— Joanna Glasner

図: ドム・グズマン

Crunchbase Dailyで、最近の資金調達ラウンドや買収などの最新情報を入手してください。

Source: https://news.crunchbase.com/news/briefing-10-12-21/

Continue Reading

クランチベース

フードの下で:プラグアンドプレイベンチャーは、世界最大のスタートアップアクセラレーターとしての投資に光を当てます

プラグ&プレイ…

Published

on

プラグアンドプレイテックセンター は世界最大のスタートアップアクセラレーターであり、昨年は2,000を超えるスタートアップが組織のプログラムを実施しています。 Crunchbaseのデータによると、これは世界で最も活発な投資家の1つでもあり、世界の初期段階の企業に投資しています。

購読する クランチベースデイリー

カリフォルニア州サニーベールに本拠を置く企業が投資するペースが速く、プラグアンドプレイが世界的に広がっていることを考えると、企業の投資戦略と最近の賭けを詳しく見ていくと思いました。 2021年の同社は、昨年設定した記録的な出口数をすでに上回っており、残りの年の約4分の1を占めています。

CrunchbaseNewsと話しました Ivan Zgomba、 Plug and Play Venturesのパートナーであり、同社の最近の投資ペースについて詳しく知ることができます。

「私たちには15の異なる業界があり、非常に活発に活動しています」とZgomba氏は述べています。 「私たちをユニークにしているのは、各業界の周りにエコシステムを構築していることです。」

Plug and Play Venturesは、Plug and Play TechCenterの投資部門です。その「パンとバター」は、テクノロジーにとらわれない世界基金からのシード前およびシード段階の投資です。小切手のサイズは$ 100,000から$ 150,000の間になる傾向があります。

ズゴンバ氏によると、今年の同社の投資は、米国を拠点とする企業と国際的な企業の間で50/50に分割されるという。

同社の国際投資は、世界中で30を超えるプラグアンドプレイのオフィスの近くにある傾向があります。最近では、フランス、ドイツ、アジア太平洋地域などで大きな存在感を示しています。

Plug and Play Tech Centerは、業界に焦点を当てたステージにとらわれないアクセラレータプログラムで知られていますが、企業がプログラムを実行し、最後に投資を受け取る一般的なアクセラレータとは異なります。

むしろ、Plug and Play Venturesは投資を行い、スタートアッププログラムを実行しますが、それらのプログラムを実施するすべての企業に投資するわけではありません。

「これらのプログラムは、同期であろうと非同期であろうと、会社にできるだけ多くの価値をもたらすように設計されているという意味で、ほぼ別個のものです」とZgomba氏は述べています。

Plug and Play Tech Centerは2006年に設立されましたが、スタートアップへの投資に関しては、2013年または2014年頃に「準備が整いました」。これは、2014年頃に急増した投資額からも明らかです。

投資ペース

Crunchbaseのデータによると、プラグアンドプレイは今年これまでに146の資金調達ラウンドに投資しており、そのうちの3分の1以上がシードラウンドです。最近の投資の中には、ユーザー行動分析プラットフォームのシードラウンドがありました。 ForMotiv、女性中心のソーシャルバンク オラン、およびedtechスタートアップ T-Lab.

昨年、同社はウェブサイトごとに平均小切手サイズが108,000ドルの162社に投資しました。 Crunchbaseのデータによると、2018年は投資の面で過去10年間で最も活発な年であり、プラグアンドプレイは167回の資金調達ラウンドに参加しました。

同社は、スマートシティ、フィンテック、保険、サプライチェーンとロジスティクス、小売、食品と飲料など、約15の異なる業界に積極的に投資しています。

Plug and Play Venturesの取引の約40%は、フィンテック、保険、健康、ウェルネスなど、いわゆる「スマートマネーと健康」セクターで行われています。モビリティの新興企業、モノのインターネット、不動産を含むスマートシティは、投資の約25%を占めています。同社はまた、サプライチェーンやロジスティクス企業にも積極的に投資しています。

プラグアンドプレイテックセンターの一部は、現在約450人のメンバーがいる企業エコシステムです。 Zgombaによると、これらのパートナーは、パイロットプログラム、投資、またはイベントのM&A活動を探すときにプラグアンドプレイに参加します。 Plug and Play Tech Centerは、これらの企業と新興企業を結び付けます。

「最大のグローバルブランド、世界最大の企業へのアクセスに関しては、B2B側の顧客を獲得することは、間違いなく(スタートアップを支援するための)最大の強みの1つです」とZgomba氏は述べています。

出口

Plug and Play Venturesは、今年これまでに21のポートフォリオ企業が撤退し、Crunchbaseのデータによると、撤退数の点で、2021年は少なくとも10年で最も活発な年になりました。同社の歴史の中で、フィンテックユニコーンなど、10億ドル以上の価格評価で撤退した企業に投資してきました。 はちみつ と保険会社 カバ保険.

今年の出口のうち、大部分は買収によって発生しました。カバとバイオテクノロジー企業 RenovoRx どちらにも公開市場の出口がありましたが、今年のこれまでの他の19の出口はすべて買収でした。それは理にかなっている、 2021年にM&A市場での活動が増加したことを考えると、特にスタートアップ向け。

プラグアンドプレイベンチャー

プラグアンドプレイポートフォリオ企業の今年の注目すべき買収には、ゲーム会社が含まれます スキルズ ’ 1億5000万ドルの買収 アーキ、 と Pluralsightの の買収 次の技術.

Zgombaによると、Plug and Play Venturesは通常、企業の少数株主であり、約1%から5%です。買収した企業への出資は不明であり、同社は、 米国証券取引委員会.

今年の活動は、ポートフォリオ企業の19社が退社したときに、退社数の点で昨年設定されたプラグアンドプレイベンチャーの記録をすでに破っています。同社は、過去12か月で約12社の企業が、ますます一般的ではあるものの、評価額が10億ドル以上のユニコーンステータスに到達し、ユニコーン企業の数が24社に達することを確認しました。

プラグアンドプレイベンチャーズは通常、初期段階で投資しますが、Zgombaによると、会社は会社が終了するまで会社にとどまります。

「私たちは素早く動く傾向があります」と彼は言いました。 「私たちにはプロセスがありますが、そのプロセスは、スタートアップ側でラウンドがどれだけ早く進んでいるかによって異なります。私たちのエコシステムは私たちの最大の強みであり、それらの企業を支援する能力です。」

この記事で使用されているCrunchbaseProクエリ

プラグアンドプレイテックセンターの資金調達ラウンド

プラグアンドプレイテックセンター出口

Crunchbase Dailyで、最近の資金調達ラウンドや買収などの最新情報を入手してください。

Source: https://news.crunchbase.com/news/under-the-hood-plug-and-play-startup-investor/

Continue Reading

Trending